つまりとトイレタンク

トイレつまりとトイレタンクとは

自宅で使用している水洗トイレでトイレつまりが起きると、とても困ってしまうものです。トイレつまりが起きるとトイレが使用できなくなってしまいますし、トイレの水が溢れてきてしまう場合もあります。
トイレが2つある場合はまだ良いかもしれませんが、1つしかない場合はすぐに解決しないと大変です。
トイレつまりの原因といってもさまざまなものが挙げられるため、それぞれに合わせた方法で対処していくことになります。
まず一番多いのがトイレットペーパーのつまりであり、小さい子供がいる家の場合はトイレットペーパーを一度にたくさん引き出して流してしまうことがあります。

また節水のために毎回水を流さないようにしている人もいるかもしれませんが、これはあまり良くありません。
他にもトイレットペーパーが無くなってしまい、水に溶けないティシュペーパーを使用してしまうとトイレつまりの原因となることもあるので注意しましょう。
他にも子供の玩具やボールペン、携帯電話などの固形物を落とし、流してしまった場合にトイレつまりが起きることもあります。
もし便器に異物を落としてしまった場合、流さずにしっかり取り出すようにしましょう。

ちなみに、トイレタンクの水の量は、便器によって必要な量を計算して作られており、タンクの計算上の量よりもたくさんの便を流すとつまってしまうことがあります。
節水目的でタンクの中にペットボトルなどを入れている人もいるかもしれませんが、トイレットペーパーや便をたくさん流した時は、トイレつまりの原因となってしまうことがあるので注意が必要です。
他にも排水不良が原因でトイレがつまってしまうこともあります。
サイフォン式などの便器は水が溜まっている部分の下の方に小さい穴があり、これは上から流れる水にプラスして水を出して流すためのものなのですが、この穴が尿石などで詰まってしまうとトラブルが発生してしまうのです。
また排水管に近い部分でつまってしまうこともありますし、排水管のどこかでつまってしまうこともあるのです。

トイレットペーパーの使いすぎが原因でトイレつまりが起きてしまったという場合、そばらくそのまま放置しておくと水で溶けて直ることもあります。
1時間ぐらいそのまま放置してみると良いのですが、水が引いたからといってすぐに水を流すと、また水位が上がってしまうこともあるので注意しましょう。
そこでまずはバケツなどで水を流し、つまりがしっかり直っているかどうかを確認することがポイントです。