ラバーカップで解消

トイレつまりが起きたらラバーカップで解消

日常生活の中でトイレから水が溢れるという経験を何度かしたことがある人はいるのではないでしょうか。トイレという場所柄、こうしたトイレつまりなどのトラブルがあると誰もが焦ってしまいます。まずは自分で何とかしてみようと、最初はトイレタンクの水を流したりバケツに水を汲んで流すなどの作業を試していくことになります。軽度のトイレつまりであればそれで大体は通常の状態に戻りますが、あまり改善が見られない時には次はラバーカップを使ってみましょう。

ラバーカップはスーパーやディスカウントショップなどでも見かけるので、使いやすいものを用意すればいいです。実際にお店に出かけてみると、幾つか形状があります。ラバーカップの底が出っ張っているものもあれば、そうでないもの、つば付きのものなどがありますが、トイレの形状によって使い分けていきましょう。

何度もトイレ詰まりが起きるわけではありませんから、やはりどうしたらいいのかと最初は作業のやり方も分からない人が多いのではないでしょうか。ラバーカップでのトイレつまりの解消方法は、排水溝に力強くぐっと押しつけて上に引く時の吸引力でつまりを解消していく事になります。その為、カップをしっかりとトイレに合わせてかぶさるようにしていきましょう。つば付きであればしっかりと密着するのでより作業はしやすくなっています。

作業の流れとしては、自分自身がトイレの水はねなどで汚れてもいいように着替えます。カップにビニール袋などをつけて飛び散らないように対策をする場合もあります。周囲も新聞紙などを敷いておくと安心して作業が出来ます。用意したラバーカップを、トイレの排水溝にくっつけます。カップに水がひたひたになっている方がいいので、水が少ないようであればバケツで汲んでカップが隠れるぐらいにしておきましょう。静かに押し付けてカップがしっかりとへこんだら、力を入れてぐっと引き抜きます。この作業を何度か繰り返して、トイレつまりを解消していく事になります。つまりが取れたようであれば、バケツで一度水を流して確認しましょう。忙しなく何度も動かすと水はねするだけに終わりますので、作業は気をつけて行って下さい。

トイレに流すのは基本的にはペーパーとし尿の類、そして水です。異物が流れる事は想定していませんので、トイレに入る時は気をつけましょう。ラバーカップを使ってみても改善が見られないようであれば、無理せず業者に依頼してトイレつまりを解消して下さい。