自分で対応する時

トイレつまりを自分で対応する時

トイレが詰まった経験は誰しもありますが、すぐに業者を呼ぶ前に出来る範囲でもいいので自分でも対応をしてみるといいでしょう。作業料は思っているより高い事が多いので、自分で作業を済ませることが出来ればそれだけでも料金の節約にもなります。何が原因でつまりが起こったのかをおおよそでもいいので考えて、手近な道具を使ってトイレつまりを解消していきましょう。

原因になりやすいものは、毎日良く流す便や水、トイレットペーパーです。便やトイレットペーパーを一度に流す量が多すぎると、配水管の所で詰まってしまってトイレつまりの原因になってしまいます。流すはずの水の量を節約していると、今度は水が少なすぎて流しきれずに途中で詰まる事もあります。その他にも、普段は流すはずではないものを流してしまった場合にもつまりが起こることがあります。子供のおもちゃや、ポケットに入れていた携帯電話が落ちてしまったなど、いろんなことが考えられます。長く使っていると、尿石などがこびりついて流れが悪くなる事があります。

実際に対応していく際ですが、バケツがあればバケツに水を用意しましょう。高い所からゆっくりと配水管に水を流していきます。高い所から水を流してつまりの解消をしていきます。これを何度か続けてもあまり解消されないようであれば、重曹をお酢をお湯に溶かしたものを流して小一時間ほど放置します。重曹とお酢を混ぜる事で泡が出来てそれがつまりの原因のものを溶かしていくのです。これでも改善がないなら、かなりトイレつまりは酷い状態と言えますので、ラバーカップで何度も吸引を繰り返したりしてみましょう。ワイヤーブラシもありますので、併用していくとトイレつまりの解消も早くなります。

様々な道具類が販売されていますので、それぞれ試して対応していきましょう。自分でやってみてトイレつまりがなくなってしまえばそれでいいので、また何かあった時は同じように手順を繰り返して下さい。場合によっては少し時間をおいたり、一晩経てば自然に解消されている事もあります。作業の際はトイレの水の飛び散りがある事が多いので、汚れてもいい格好にしてビニールや新聞紙などもそばに置いておくと作業がしやすくなります。一通り出来る事をやっても駄目なようであれば、後は業者に一度連絡を取ってみましょう。その時には自分がした作業も伝えると、上手にトイレつまりの依頼も進めていくことができます。