トイレつまりを防ぐため

つまりを防ぐために、知識を持って対策を。

毎日使うトイレは何かトラブルがあると心配になりますね。
水漏れも自分の家がマンションやアパートの上階だと下の階までいかないか心配だし水道料金的にも困りますが、個人的にはトイレつまりはとても深刻だと思います。
だってトイレに入れないわけですから。

自分ひとりならまだしも、家族がいたらトイレが使えないっていうのは緊急事態です。とくに子供の場合は急におなかが痛い・・・なんて言い出しますし、トイレが使えないと不安になりますね。
トイレは水回りの中でも一番使う場所だと思います。なのでトイレのトラブルは切実なので、トイレつまりが起こらないよう家族みんなで対策をとっていくことが大切ではないかと思います。

トイレつまりの原因のひとつにティッシュペーパーがあるようです。トイレットペーパーがなくなってしまった場合についつい使ってしまいがちですが、あまりよくないようです。
なぜかというと、見た目は一緒でもティッシュペーパーは水に溶けにくく詰まりやすい素材なんだそうですよ。
実際にトイレットペーパーを濡れた手で触るとすぐに破れて手についてしまい、大変な思いをします。それぐらい溶けやすくできているんですね。
また生理用品や紙おむつなどを流すのは論外です。このような大きくて溶けないものを流したら簡単にトイレが詰まってしまいます。
トイレットペーパーやトイレ掃除用の流せるクリーナーでも、ゴミ箱の代わりのように大量に流したら詰まりの原因になるので気をつけたいですね。
トイレつまりの原因になるつまりやすいものを流さない、大量に流さないなどの対策をとらなくてはいけません。

対策をとっていてもつまってしまったら、トイレつまりを解消しなくてはいけません。
スッポンで詰まりを解消するのが一番効果的でメジャーな対処法かと思いますが、いろいろ試してみても解消されない場合は水道工事の専門業者さんにお願いしなくてはいけませんね。
業者さんに頼んですぐに来てもらえるとは限らないので、早めに対処しておいたほうがよさそうです。

トイレつまりには前兆があるようですね。
水を流したときに溜まる水の水位が高かったり、水を流したときに変な音がするときは注意が必要だそうです。
たしかに私自身、水を流したときに「あれ?流れていかない?」と不安になることもあるんですよね。
水が溢れてからでは遅いので、これらの兆候を見逃さずに対策を取っておくことが大切なのではないかと思いました。

最新記事

  • トイレつまりが起きたらラバーカップで解消 日常生活の中でトイレから水が溢れるという経験を何度かしたことがある人 …

    ラバーカップで解消